オンラインカウンセリング。生年月日時と顔立ちの統計学からタイプ分析する、問題解決型のカウンセリングです。パートナー関係、家族関係、会社の人間関係が図解で分かり、離婚すべきか、など答えの出るカウンセリングです。スピリチュアルではありません。占いとは少し違い、未来の言い当てはありません。運勢の良し悪しや吉凶は見ることができません。

完全予約制

ビデオ通話のみ:ZOOM

1回30分〜 6000yen〜
(税込・クレジット決済手数料込)

お名前はニックネームでOK。匿名性の高いカウンセリングです。

詳細はこちら

雑誌掲載『InRed』8月9月合併号

 

本日発売の雑誌『InRed』の特集ページに、私が行っている生年月日時カウンセリングが載りました。

生年月日時カウンセリングでは、パートナー関係や、子供のタイプ別育て方のヒントをご紹介しています。

特に、離婚すべきかどうか、子供の発達にどう対応していくか、など従来のカウンセリングでは答えの出ない問題にに効果があります。

公開カウンセリングA

 

相談者様がぜひ公開してとおっしゃって下さったので、これを使いながら生年月日時カウンセリングについて解説します。

私の生年月日時カウンセリングは、基本的には「カウンセリング」で、生年月日時の統計学から得られる性格や相性の情報を、お客様のお話をより深く傾聴するためのツールとして利用しています。占いではありません。占いとは基本的にスピリチュアルで、特別な感性をお持ちの占い師さんが、お客様の未来や運命を予測するものではないかと思います。また、「生年月日占い」を見ていると、それぞれの特性が全面的に褒められていることが多いのですが、私の生年月日時カウンセリングは、常に中立的な診断内容で特性を解説し、褒めません。生年月日時に良い悪いはないという考えです。

こちらの相談者様に関して。

ご本人の日干支は「辛酉(-金 -金)」です。

生まれ持った性格の特徴としては、

・大きな生きづらさを抱える人の割合が多い、悲劇の主人公
・ガラス細工のように繊細で脆く、激しい感情を持っている
・よく海外へ行かれる人も多く、活動的で、考える前に行動するタイプ
・考える前に行動してしまい、自己コントロールの難しい人が多い
・よくお酒を飲まれ、酒とともに生きる人が多い、何らかの依存症になりやすい
・暴力的なご家庭に生まれる人の割合がやや多い
・華やかで社交的、人当たりが良い、コミュニケーション上手、人との距離が近い、おせっかい
・女性は髪が派手な人の割合が多い、男性は逆に地味な印象の人が多い
・人と不平不満を共有することで仲良くなりたい(成長と共に不満を克服されている人もいます)
・しゃべることでストレスを発散したい
・ストレスが溜まると、思い込みや勘違いが出やすい

割合の問題。全項目に当てはまる人は逆に少ないかもしれませんが、「辛酉」を集団として見ると、傾向が顕著です。

顔立ちの特徴としては、「酉」に共通のタイプの人と、「辛酉」だけに見られる特徴の人といます。

「辛」の特徴としては、
・目頭側の大きい、目頭も目尻も閉じた二重

「酉」の特徴としては、
・鼻筋が一直線に通っている
・こめかみが小さく頬骨が大きく、頬から顎までが長い
・まぶたが直線的に下がっていて、目尻側が細い目
・口角が上がっている
・クセの少ないつややかな髪

こちらも、全部ではなくどれかに当てはまりつつ、集団で見ると顕著。

ただ、「辛酉」だけに見られる特徴としては、
・酉のわりに鼻が低い
・丸顔というかやや四角いような、少しエラの張った輪郭
・華奢な骨格

ある程度当てはまると、その日を選んで生まれてくる、といった感じです。計画出産で生まれた人は、顔立ちと照らし合わせて、生まれようとした日を推定します。こういったことをよく観察していくと、生年月日時が不明でもある程度の予測ができることがあります。出生時刻のみ分からない方も同様に、顔立ちから推定しています。

最初に気になるのは何よりも、お兄様の日干支。「辛卯(-金 -木)」は60干支中でも突出して最も生きづらい人の多い干支となります。天敵は「辛酉」。同じ家族の中に「辛卯」「辛酉」がいるだけで家族関係が破綻してしまうことがあります。「辛卯」と「辛酉」は60干支を円で見るとちょうど反対側。共通点が多く、どちらもガラス細工のように繊細で脆く、激しい感情を持っています。違いを一言で言うと、「辛卯」は頭脳派、「辛酉」は行動派。「辛卯」が黙って自分と向き合って鬱々と悩むのに対して、「辛酉」はしゃべって飲んでパッと発散するタイプ。それ以外はよく似ています。

そのうえ、お母様が「庚申(+金 +金)」、ご本人と同じ、金金です。お兄様とはまた別の意味で似たもの同士で、相性が良いわけではないけれど共感しやすく気が合います。「庚申」は基本的にカラッと明るく、自分中心(自己中とイコールではない)で豪快で押しの強い人の多い干支です。そのわりに内弁慶でビビリです。育った環境によっては稀にサイコパス的になりやすいのが「庚申」。多くの人はパワフルで感情の濃い人情の温かいタイプです。「庚申」は「辛卯」と「辛酉」を仲裁することができません。この3人が集まると、大きな問題が起こることがあります。

お父様は「甲午(+木 +火)」。変わり者だと伺っていますが、逆です。このご家族の中で唯一、地に足ついた、まともな方で、悪く言えば平凡、前向きで平和で社会貢献度の高い人だと思います。ルールを守る性格であり、ルールを破る人を取り締まる一面があります。法律を扱う職業などに就くと良いタイプです。

まだまだ、月干支の相性など説明すればキリがありませんが、一つ、ご本人の時干支が「壬辰」。ここにはご本人の願望や目標が現れやすく、時干支の「壬辰」は、身の回りに女性の多い色男を目指されている一面があると思います。

相談者様ご本人の干支相関図(ブルーの線)から見られる特徴としては、

大きな台形であることから、古いものや伝統、ルールを重んずるタイプで、社会的にもしっかりしたビジネスマンタイプの人だと思います。あまり新奇を好まない人ではないかと思います。

相談者様のご家族は、出生時刻も顔立ちも分からないので、図形からの性格タイプ分析は不鮮明ですが、父母兄ともに、図形が大きくバランスが取れていて、社会的にしっかりしたご家庭だと思います。逆にここにはない小さな図形ばかりのご家族というのもあって、その場合は、常識破りの創造的なタイプの人に多い図形となります。

図形の面で、お母様(ムラサキの線)とご本人(ブルーの線)は、平行線が1組、長さの同じ線が1組あり、1対1であれば話の合う相性です。お父様とも平行線が1組あり、1対1であれば話の合う相性です。親子それぞれの相性は良いのですが、「庚申」と「辛卯」と「辛酉」が集まったことによる破壊的なパワーの方が大きいかもしれません。

お友達。

友人1の方は、集団があまり得意でなく独立して成果を上げるタイプの人です。インフルエンサーなど。太りやすい人が多いです。ご本人と同じ長さの線が2組あるので、似たところのある共感しやすい関係です。

友人2の方は、対照的な性格の人だと伺っていますが、そんなことはないです。大きな同じ三角形を持っていて、要するに3辺が同じ長さなのですが、非常に似たもの同士で、ぶつかり合いながらご縁が深く共感し合う関係です。クリエイティブで優秀なタイプの人で、性格や価値観に共通点がありつつ、持っている才能は全然違うので、お互いに隣の芝が青く見えていることでしょう。

パートナー関係。

元パートナーの方を教えていただきましたが、時刻にもよりますがここまでの情報では、相性は特に良いところはないので、ご結婚されなくて良かったです。お母様と共通点のある人です。「癸未」は愛らしく、人を癒し、人を弁護する素朴なタイプなので、「癸未」をパートナーに選ぶ人は、相性が良いだけでなく、生きづらさがあったり、精神的に弱っていたりする人もいます。相性の良い人よりも、スペックの高い人を選ぼうとするのも、ご本人のタイプの人にありがちかもしれません。

これらの生年月日時情報を前提として、お客様のご相談を伺っていきます。私が独自に研究したカウンセリング方法なので、他にはどこにも似たようなカウンセリングは無いようです。

暗算は大きい方の位から計算する

 

ふと友人と話していたら、「ひっ算」と「暗算」の話になった。
そして、予想外に感激された。

66-39=

私は、暗算するなら、

一目見て、十の位は2だよね。
一の位は9-6が3だから7。で27。

と説明したら驚かれて、私はみんなが同じでないことに驚いた。
みんなは「16」が頭の中に登場するようだ。私には2桁は登場しない。

考えたことのない途中過程を考えてみる。

・まずは大きい方の位から計算すると、繰り下がって5-3=2。
・一の位は、10+6-9だから、まずは6-9=-3を、9-6と考えると、3。
・10-3=7、これは考えるまでもない。

一の位から計算して覚えておいて最後に並べ直すのはスマートでない。
繰り下がった時の一の位は、大きい方から小さい方を逆に引いた上で、1→9、2→8、3→7、4→6となる。

子供の頃から当たり前に自分で考えてそうしていたのだが。
たしかに、学校では一の位から筆算で計算するようにしか習っていないかも。

追記:友人と話していたのは、「小学生の子供にどう算数を教えるか」という話題。小学校では必ず一の位から順に計算する様に習うけれど、大きい位から計算する方が実践的では? 実際のところ、店頭で買物の金額を計算する時って、私は常に上の位から考えるよ? そもそも、足し算から割り算まですべて、上の位から、でもいける? という話。

うちの子供たちは二人とも、暗算は上の位から、と即答。

不幸自慢をする人の心理

 

不幸自慢をするAさん。自分の身の上を語りながら、毒親について、DV夫についてなど、さんざん家族についての文句を言う。

私もそういうことがあったから分かるよ、と自分の不遇な経験を持ち出して共感を返すBさん。

そうするとものすごい腱膜で怒ってBさんとの縁を切るAさん。Aさんの怒りの内容は、Bさんが自分のことばっかり話して自己中心的だ、重い話はストレスになるから勘弁して欲しい、というもの。

この不思議なやりとり、Aさんにとっては、せっかく自慢をしたのに、上を行く不幸を語られると、不幸比べに負けた気がしてこの上なく腹が立つのだと思う。不幸を笑顔で語る人の場合、意外に共感は求めておらず、賞賛や承認を求めていることが多い。せっかく頑張ったのだから、すごい唯一無二の経験をしたんだね、と特別視されたい。同じ土俵に立たれたくない。

少し違う言い方をすれば、もちろん自己中心的なのはAさんの方だと思うが、Aさんは自身のストレスで人の話を聞く余裕がない。そのため、共感し合うところまでいかない。結果、自己中心的にならざるを得ない。

これが「不幸自慢」というもの。不幸話をしてはいけない、ということではない。「不幸自慢」と「信頼する相手への相談」は異なる。その不幸話が「自慢」に当たるかどうかは、問題の原因を他人や外部に求めて人を見下す態度、が鍵だと思う。親のせいで、という他責や、みんな馬鹿ばっかり、というような、人を十把一絡げにするような発言や、これだから男は、女は、と属性を一般化する発言。

人はみんな未熟で、人生という道の途中だ。そういうAさんのような人の話を聞いてあげるのも悪くない。根底には、一人で苦労したことに対して、寂しさがあるのだと思う。こういう時は、相手の話に共感を示そうとして介入せず、あまり真剣に受け止め過ぎずに聞いておくのが良いかもしれない。ただ、「大変でしたね」「頑張ったね」と。Aさんもいずれその段階を卒業するかもしれない。Aさんはそういう人、と決めつけないことだ。間違ってもアドバイスをしないことだ。やはり笑顔に見えてもつらいのであって、ご本人にとって、上から分かったような意見をされることが最も苦しい。あと、今後のブログで書くかもしれないが、自己中はダメではなく、人として自然ではある。

もう一つの「不幸自慢」に、自分がいかにダメ人間であるかを確認したい、という場合もある。「そんなことないよ」と声をかけると不満げだ。この場合もまた不思議で、自分がいかにクズであるかを確認して安心したいので、自己否定を否定されると不安になる。もちろん、「そうだねダメだね」という共感も傷つくので、「そう感じるんだね」と流れに逆らわない反応を返すことだ。

他にも、共感が欲しい場合もあると思うが、推察しにくいちょっと不思議な心理の例を選んでみた。

また、自慢ではないものの、笑顔で不幸話をする人の場合。これは私自身も、不幸話を笑顔で話すことが可能だ。そういうことを話さなければならない場面が多いので話し慣れていて、不幸を扱うことに慣れていて、その外の世界をよく知らない。不幸を乗り越えて生きてきた自分を誇らしくさえも思っているし、それをネタに仕事をしている。いつでも軽い気持ちで話せてしまうからこそ、話す場面を意識して、話し方も選んで、基本言わない方が良い、と思っている。

小澤征爾さんと江戸京子さんと入江美樹さん分析

 

生年月日時カウンセリングをやっていますが、個人情報を公開しても問題ない方の生年月日を公開分析します。

亡くなられた小澤征爾さんの分析。小澤征爾さんの奥様は、ハーフのモデルの入江美樹さん。元奥様はピアニストの江戸京子さん。今年に入って、江戸京子さんが亡くなると、その直後に小澤征爾さんが亡くなった。

まず、生年月日時を60干支に置き換えて図を描く。出生時刻は顔立ちから推定できる。この方法は私が日々人と接するうちに気付いたもの。何かを学んだものではない。

驚いた。稀に見る究極の相性が、小澤征爾さんと、元奥様の江戸京子さん。60干支には、30通りの決められたパートナー干支があるのだが、「17庚辰」には「22乙酉」がパートナー。お互いに好みのタイプで見た瞬間から気になる相性。生年月日時同士の平行線は、話してみてぴったりだと感じる相性。図形自体もすっぽり重なっていて、行動範囲が近いため何度別れても繰り返し出会うことが多い。さらに、小澤征爾さんと江戸京子さんの没年月日。当然のことながら日が近いので二人ともそっくりで、ぴったり重なる。

一方で、入江美樹さんは、彼女自身が魅力的で、相性としても悪くないが、江戸京子さんほどの注目点はなく、江戸京子さんと似たところのあるタイプ。人々に影響を与えて大きく活躍するインフルエンサー的素質を生まれつき持っている。

小澤征爾さんだけを見ていくと、生年月日は交友範囲は狭く自分の創作の世界に篭りがちであるが、強く自分の目標を貫く性格。それに対し、没年月日の形は、世界に影響を与える変わり者タイプに変身していて、社会と広く関わり合いながら活躍するビジネスマンでもある。大きな変貌だ。もちろんそうはいっても同一人物なので、生年月日と没年月日に共通点は多い。江戸京子さんの方は、大きくは変わらず、生涯ご自分らしさを貫いて花開き、満足された形だ。

注目すべきは、お互いの生年月日と没年月日がどちらも複数の平行線を描いている点。小澤征爾さんの没年月日が奥様の入江美樹さんの生年月日に年月をかけて少し寄ってきたとも見えるが、やはり小澤征爾さんと江戸京子さんの没年月日の相性は似たもの同士で完璧。離婚してしまったのがもったいないのか、離婚したからこそ良い関係を築けたのか、どちらとも言えるが、やはり生涯にわたって影響を与え合い、思い合って亡くなられたことは、没年月日から読み取れてしまう。

亡くなられてしまったが、素敵な人生を歩まれたのだな、と少し温かく思う。

空に龍の巣

 

息子が帰宅するなり、空がすごいことになってる、龍が降りてきそう、と私を外に誘った。神秘的。

好きだなあ、息子の観点。

中学生の電車賃は「子供料金」にすべき

 

中学生の電車バス料金は、「子供料金」にすべきではないだろうか。子供用ICカードには生年月日が登録されている。

まだ交通系ICカードが無かった頃の、見た目だけで大人か子供かを判別していた時代の名残りで、中学生から大人料金を取っているように思う。

通学定期になると、中学生料金が設定されているようだが、小学生の倍ほど高いのも、無意味。どちらも義務教育だ。

ちなみに、子供用Suicaで中1が改札を通ろうとすると、ブザーが鳴って、登録切り替えを促され、窓口で「小」の文字がうっすら消されたものを渡される。ならばせめて高1でそのブザーを鳴らしてほしい。

子供の小遣いを思うと、あまりに高額な、中学生の交通費。

続・イラストの基本、人の顔の描き方

 

今日は小6の娘とSTARBUCKS。

絵が上手くなりたい、絵師になりたい、という話をした。娘のお友達の間では、絵の上手い人のことを「神絵師」と崇める。

子供の絵。

その特徴に当てはまってしまうと、可愛く描けば描くほど、下手に見えるという現象が発生する。

◎目が大き過ぎる。
◎瞳が大き過ぎる。または内側に寄っている。
◎「顔」対「頭」で頭が長過ぎ顔が下に寄っている。

子供の感覚だと、目を大きくすれば可愛いだろうと思いがち。実際は幼稚な絵になり、どことなく下手に見える。

神絵師になるには。

アニメ『呪術廻戦』の絵を見せながら説明した。アニメの中でも特に描画技術の高いアニメだ。プロの絵は頬や白目など、顔の余白とも言える部分で表情を表現している。目や瞳が小さいからこそ、強烈な表情が表現できるのだ。バランスと間合いを大切に。

呪術廻戦みたいな絵は、今描きたいものと、たぶん違うだろう。でも、志すならプロを見て欲しい。

夢中になれることがあって良いな。

 

イラストの基本、人の顔の描き方 >>

セミファイナルの季節がやってきた

 

ツクツクボウシしか、鳴かなくなった。夏も終わりだなあ。と思った先日。今日は、ツクツクボウシも鳴かなくなって、ところどころ、ひっそりとカネタタキが鳴く。リン、リン、リン、リン、リン。

不思議だねえ。あんなにうるさかったセミたちはどこへ。木の下に大量に落ちていたりもしないのは何故。

夏の間、息子が楽しそうに言っていた。

セミファイナルは、ひっくり返って6本の足がぱっと開いて、触るとものすごい飛ぶから要注意!

足が閉じてるのは、もう動かない。

ここ数日、そのセミファイナルも、跡形もなく。

どんどん季節が巡ると、この季節もあと何回か、限りがあるのだなと、少し寂しくなってみたり。少しだけ秋の心地良い空気。

『不登校ママたちのお話し会』東戸塚

 

横浜で『発達凸凹ママたちのお話し会』をやっている主催者さんに声をかけていただいて、『不登校ママたちのお話し会』も開催することになり、チラシとホームページを作りました。

特にホームページは、ボランティア団体らしく、素人が頑張って自分で作った感じに見えることを目指して作りました。チラシは、女性だけでいっぱい話せる会とのことで、女性らしいイメージで。主催者さんの繊細なイメージでお花を並べてみました。

第1回は8/8東戸塚。

https://rainbowdrops.jp/any/